マテバ

「マテバ」は大家さんからオファーが届く新しい住まいの探しか方

大家さんが、借りたい人を探すので逆住まい探しと言います。
借りたい人は希望の条件を登録します。
待っていれば(マテバ)大家さんからオファーが届く
新しい仕組みの不動産賃貸プラットフォームです。

なぜ逆住まい探し『マテバ』ができたか?
不動産の問題解決を取り扱う業務の中で大家さんから寄せられる課題で1番多いのがマンション経営の空室問題。空室を埋めてもらえるように、不動産屋さんに依頼するが、その不動産屋さんに自分の持っている物件と条件がピッタリ合うお客さんがいることは稀。その為、空室が長期化することも・・・。なぜそうなるのか?いろいろ検証した結果、大家業は「待ち営業」であるということに気付きました。それであれば、自ら営業し顧客開拓できるプラットフォームを作り空室問題を解決しようという思いから「マテバ」が出来上がりました。

マテバにより解消される「待ち営業」という課題
待ち営業とは、自ら営業し顧客開拓するスタイルではなく、待っていることしかできない営業スタイルのこと。広告宣伝費をたくさん払い、不動産業者に頼ることしかできず、自らの手で空室を埋めることができないという、大家業の最大の欠点がありました。これがマテバによって解消される為、以下のような効果が期待できます。

 ・広告宣伝費がなくなる。
浮いた経費をダイレクトに借りたいひとへのベネフィットを届けられるのでマンション経営が健全化。

 ・空室期間の短縮
マンション経営においてのポイントは、家賃の低下よりも空室期間に目を向けること。家賃5万円の部屋が2ヶ月空くことにより、2年間で計算すると1ヶ月約4160円家賃を下げたことになります。マテバで空室期間0ヶ月になれば家賃2,000円下げる方が利益が出ることになります。

 ・自らの手でマンション運営が可能になる
自ら営業し入居者を探すことにより、直接意見を聞くことができるので、マンション経営の参考になります。例えば、今まで不動産屋任せだったリフォーム箇所も、次の入居者との細かいやりとりで無駄が省ける等。自ら意見を聞くことで自らの判断がきるようになります。

SERVICE 逆住まい探し「マテバ」の特徴とできること

安く

完全成果報酬型、掲載費用もかかりません。

借りる人は仲介手数料・礼金がなく、貸したい人は広告宣伝費がかかりません。

楽に

スマホで簡単に利用できます。

チャットでスムーズな会話。交渉や意見をダイレクトに届けます。

安心

申請の上審査通過後の登録

チャットでお互いの人柄や方針を理解した上での契約。

ワンストップ

契約から入居後のフォローまでワンストップで支えるプラットフォーム

電子契約書の利用、家賃収納代行、保障機能、修繕対応などワンストッププラットフォームをめざします。

NEWS & TOPICS

2021.10.14
サイトをリニューアルしました。